投稿

日本ミツバチ

オオスズメバチが巣の入り口をがりがりかじってます!(≧∇≦)

日本ミツバチ

秋分の日の22日、オオスズメバチが巣箱に来ているとの連絡あり!
こっちもかぁと、翌23日MorningDewFarmさんの学びの畑へ!
オオスズメバチが巣の入り口をがりがりかじってます!(≧∇≦)

 

こちら手乗り日本ミツバチ。たぶん、まだ、巣から飛び立ったこと無いのでしょうね。手からはなれません。かわいい!

さて、結論から・・・。
10匹ほどのオオスズメバチを捉えました。
なんやかんやで、日本ミツバチの採蜜までしました。
美味しかったぁ!!

以下、オオスズメバチの写真があります。苦手な人はスルーしてください。

 

オオスズメバチ

到着までに、数匹退治していただきましたが、それでもまだうろうろ。

さっそく、ねずみ取り粘着シートでオオスズメバチを貼り付け、巣の日よけに設置。
苦しんでいるオオスズメバチを助けに、次々とオオスズメバチがひっつきに来ます。可哀想ですが、仕方が無いです。日本ミツバチのため・・・(≧∇≦)

これから11月末まで、どれくらいやってくるのでしょうか。

 

日本ミツバチ・内検

内検しました。
幸い、オオスズメバチは巣の中まではまだ侵入していませんでした。
日本ミツバチの被害はありません。それより、巣が大きく育っています!
採蜜です!^^

 

日本ミツバチ・採蜜

道具をもって来なかったので、自然農らしく、鋸鎌で、蓋を外します。

 

日本ミツバチ・採蜜

学びの日。
プロのカメラマンさんも参加されてました。
日本の養蜂に興味津々!

 

日本ミツバチ・採蜜

思わずピイース。

 

日本ミツバチ・採蜜

巣門に、オオスズメバチよけの網を付けました。

 

オオスズメバチ

いつもなら、巣を掃除するようにたくさん出入りするのですが、この日、一匹を除く日本ミツバチの出入りがありません。
代わりに、オオスズメバチが蜜がたれたところへやって来ました(≧∇≦)

 

日本ミツバチ・採蜜

タイミング良く、パンを焼いて下さっていました(o^^o)
日本ミツバチにとっては、オオスズメバチは巣をがりがりかじるは人間は蜜をとるはで、最悪な日だった思いますが・・・。

 

日本ミツバチ・採蜜

ハチミツの向こうには笑顔、笑顔!^^

山茶花

彼岸花は、まだつぼみ。

 

福岡・日本ミツバチ・継ぎ箱

孫分蜂しないように、5段目の継ぎ箱。重すぎて3人がかりです。

福岡・屋台

福岡・博多と言えば、屋台。
昼間、屋台は専用の駐車場に泊められ、夕刻になるとそれぞれの場所に出勤していきます(o^^o)

 

福岡・日本ミツバチ・継ぎ箱

昼の1時過ぎに決まって時騒ぎがあります。

→時騒ぎのビデオ

 

福岡・日本ミツバチ・継ぎ箱

孫分蜂しないように、5段目の継ぎ箱。
重すぎて3人がかりです。

 

福岡・日本ミツバチ・継ぎ箱

7月には、4段目まで一杯になっていると思います^^

 

赤目・日本ミツバチ・内検

藤井農園さんの残念な結果(日本ミツバチの巣が消滅の危機)から、心配になり赤目に・・・。

赤目・日本ミツバチ・内検

藤井農園さんの残念な結果(日本ミツバチの巣が消滅の危機)から、心配になり赤目に・・・。

 

内検です。
三段目の巣落ち防止棒まで、わずかですが掛かっています。すいぶん偏りのある巣板ですが、ミツバチの数も多く一安心。
それでも、ちょっと攻撃的なのが心配ですが・・・^^

 

赤目・日本ミツバチ・内検

せっかくなので、あくまでも仮ですが、ひさしを作ってみました。

この日、橿原市あたりが34℃だった奈良。風の森は30℃、ここ赤目の畑は昼から日陰になってしまうおかげで28℃ぐらい。やはり、世間よりは若干涼しいようです。
でも、今年も暑い夏になりそうですから、用心にこしたことはありません!(≧∇≦)

 

赤目・講習・いんげん

赤目自然農塾の講習畑です。いんげんを誘導する支柱が美しい・・・。

 

赤目・講習・苗代

赤目自然農塾は、ちょうど田植えの頃。
苗は一本植えです。

 

赤目・ショウガ

赤目の猪対策で育てることにしたショウガ。見つかりましたA^^;)

 

風の森・田植え

すべてが食されたわけではありませんし、どれくらい最後いただけるか・・・、愉しみにしないと!^^

風の森・田植え

暑い、暑い。6月にして、6月だから、限界を超えました。午前中でも耐えられない(≧∇≦)
残念なのは、藤井農園さんの日本ミツバチが・・・(≧∇≦)

 

良い天気!山登りしたい!天気^^
でも、山に登ったら倒れそう・・・A^^;)
畑主の阪田さんが今年最後の1枚、田植え中。ご苦労様です^^

 

風の森・ショウガ

今年の夏は、畑に何もなかったっけ?
思い出したのがショウガ。
猪対策にメインをショウガにしたのですが、こんな姿に・・・。キジ?

 

風の森・ショウガ

「自然農が教えてくれたこと」でも語られていたように、いろいろな動物たちがいることはあたりまえのこと。

すべてが食されたわけではありませんし、どれくらい最後いただけるか・・・、愉しみにしないと!^^

 

風の森・トマト

今年の夏はトマトだけ・・・になりそう。
不思議と元気な一株。もう実を付けています。
去年から、トマトはすべて煮込み用にしました。

 

風の森・ニンニク

収穫は、ニンニク。
今年は小さい・・・です(≧∇≦)

 

藤井農園・日本ミツバチ・逃去

残念!

藤井農園の日本ミツバチの巣箱を内検しました。
どうもずいぶん前から弱っていたようです。あるいは、女王蜂がいなくなっていた・・・かもしれません。

まだ、日本ミツバチが残っていましたが、一匹も蜜集めの出入りがありません。

 

復活はないとは思いますが、底板をどっぽんタイプに変更しました。

 

藤井農園・日本ミツバチ分蜂

3日前に今年初めての分蜂があったとのこと。愉しみです!

藤井農園・レンゲ草

飛鳥の藤井農園さんでBBQ!

3日前に今年初めての分蜂があったとのこと。愉しみです!

飛鳥の畑は、あちらこちらがレンゲ畑に。もちろん、たくさんのミツバチが訪れていました^^

 

藤井農園・レンゲ草・ミツバチ藤井農園・レンゲ草・ミツバチ

こちらは、西洋ミツバチ。

日本ミツバチは、不思議と見かけません(≧∇≦)

 

藤井農園・日本ミツバチ巣箱

今年初めての分蜂群の家主はともや君。

 

藤井農園・日本ミツバチ分蜂

おそるおそる内検です。

小さな巣板が見えますね!

でも、安心するのはもう少し先。子供を産み付けてくれたら一安心(^^)/

 

藤井農園・日本ミツバチ分蜂

藤井農園さんの畑もずいぶん拡張されていました。

ジャガイモはこんな感じに。

 

藤井農園・日本ミツバチ内検

気をよくして、去年入ってくれた巣箱の内検も!

見事な巣に育っていました。
継ぎ箱が必要ですね。

 

これから生まれる日本ミツバチは、どれも雄のようです。
蜜蓋がぷっくりしています!^^

 

藤井農園・日本ミツバチ・雄蜂

雄がたくさん!ぼんやりのんびりしてました。

 

藤井農園・日本ミツバチ内検

こちらも去年入居してくれた巣箱。

三段一杯に巣板が作られています。
採蜜が愉しみ!

 

藤井農園・クマバチ

藤井農園さんには、いろんな虫たちが訪れます。

こちらは、クマバチ。大きい!
雌に毒針があるそうですが、こちら、雌・・・ですよね(≧∇≦)

 

藤井農園・ブルーベリー

クマバチが訪れていたのは、ブルーベリー。

 

藤井農園・ハルジオン

他には、時々ピンクがかわいい!ハルジオンや、

 

藤井農園・たんぽぽ

 

藤井農園・たんぽぽ

ふわふわのたんぽぽ、

 

藤井農園・スイバ

淑女の美しさ、スイバや、

 

藤井農園・コメツブツメクサ

小さな小さなコメツブツメクサや、

藤井農園・燕子花

燕子花が愉しそう^^

 

丹波栗

藤井農園さんの巣箱内検!そして味見、そして、栗拾い(^^)/

彼岸花

彼岸花。
田圃の畦に植えられた彼岸花が秋空に映えます。

 

コスモス

コスモスが風にふわふわ・・・。

 

 

だんごぎく

団子菊。
大正時代にアメリカからやって来たそうです。なるほど中心部分が「団子」みたいです。

 

彼岸花・日本ミツバチ

日本ミツバチの巣箱の横にも彼岸花が顔を出していました。

 

日本ミツバチ・内検

さっそく、内検です。
目的は、採蜜をしない確認・・・をするため^^

藤井農園で最後に入居した巣箱。

 

日本ミツバチ・内検

藤井農園で最初に入居した巣箱。

 

日本ミツバチ・内検

蓋を外してみました。
働き蜂が、巣に頭をつっこんでいます。
蜜を貯蔵しているのでしょうか、それとも、餌をあたえているのでしょうか。

 

日本ミツバチ・内検

内検のもう一つの目的。
今年の採蜜は見送りましたが、味見はしたいと思います(o^^o)

 

日本ミツバチ

ハチミツのお裾分け。
藤井農園、初蜜!!
爽やかで、それでいて、いつまでもしっかりと甘みが残ります^^

猪の焼き肉にたらり・・・。旨い!!

 

丹波栗

そして、この日の大イベント!
栗拾い!!

この二日で落ちた栗を拾いに拾いました^^
大きいし、虫喰いもありません。

そうそう、茹で栗にハチミツをつけてもおいしかったです(o^^o)

 

日本ミツバチ・内検

食後、残りの巣箱も内検しました。
こちらも、来年まで見送りです。

 

彩雲

帰り道。
彩雲・・・(^^)/

 

カタツムリ

降れば土砂降り・・・。

カタツムリ

おもだかにカタツムリ。

 

おもだか

おもだかに・・・。

 

おもだか

こちらがおもだか。葉っぱの形が愉しい!

貝塚から多く出土されるやじりのよう。学名の「Sagittaria trifolia」の「Sagittaria」も「矢」が由来だそうです。

花より葉が魅力のおもだかですが、おせち料理にかかせない縁起物のくわいは、おもだかの栽培品種でもあります。

 

日本ミツバチ

「ひざこぞう6号」の内検です。
継ぎ箱をしたのですが、あまり巣は大きくならなかったようです。
採蜜は来年までおあずけ・・・。

 

山椒

気がつけば、山椒の実が早くも赤くなりかけていました。
今年は、粉山椒を作ってみたいと思います。
収穫まであと少し^^

 

茗荷

収穫は茗荷。
今年は、タイミングが良かったのか、大きなのが採れました!^^

 

日当たりのよしあし?

風の森のあと、藤井農園さんの日本ミツバチの巣箱に継ぎ箱をしました。
これで、もう一踏ん張りしてもらえそうです!^^

IMG_6914

藤井農園さんの巣箱(ひさこぞう8号9号)に継ぎ箱をしました。

日当たりの違いか、日陰の多い巣箱の方が、巣板の大きさが倍ぐらい大きい感じです。
こちらは小さな8号の巣。まだ、二段目の巣落ち防止の棒にまで達していません。

 

IMG_6930IMG_6927

巣箱の前にニホンミツバチのためのヒャクニチソウが満開です。

 

日本ミツバチ

たくさんのミツバチが外で涼んでいます。

今日はどこも「激しい天気」だったようですね。
赤目も、午前中は33℃まで上がったかと思うと、大雨で一気に気温が23℃まで下がりました。
雨は大変ですが、涼しくなって、ヒグラシが鳴いて・・・。
田舎を満喫です!^^

 

IMG_5865

今日は、水田の草刈りの臨時勉強会でした。
ご覧の通り、田圃は干上がっていますA^^;)

 

IMG_5866

13日に一列空けて草刈りをしています。この日は、残りの列を草刈りします。
この後の大雨で、からからの田圃にも水が回りました。

 

IMG_5856

 

IMG_5886

33℃にも気温が上がり、いつも元気な「ひざこぞう1号・2号」は、たくさんのミツバチが外で涼んでいます。

写真は「ひざこぞう2号」です。巣の下まであふれています^^

 

IMG_5912

「ひざこぞう4号」内検です。
全部で9枚の巣枠中、こちらは一番奥の巣枠。

 

IMG_5922

そして、こちらは奥から5番目の巣枠。色がずいぶん違います。

 

IMG_5976

この日は「ひざこぞう7号」も継ぎ箱をしました。

 

_MG_5958

内検もしましたが、ミツバチの数に比べて巣が小さいような・・・。

日当たりが良すぎるかもしれません。左側は西側になります。

 

日本ミツバチ

急遽台風対策へ!

急遽台風対策へ!
雨は降りませんでしたが、蒸し暑いのなんのって!
アンカーやくいで巣箱を固定。強風には耐えるはず。一安心です^^

 

IMG_5123

合歓木が満開に!こちらも蜜源です^^

雨でも台風対策!と思って出かけましたが、天気は晴れたり曇ったり。

 

IMG_5119

赤目の巣箱。
柱に固定して、プラス、アンカーで固定しました。

 

IMG_5170

正しいとは思えないような数値。直射日光は当たっていないはずなのに、気温35℃。

 

IMG_5167

巣箱へ風送り隊です。

IMG_5127

のかんぞうがあちらこちらで満開へ。

巣箱の畑ののかんぞうはまだつぼみ。いつも少し遅め。

 

IMG_5176

きつねのぼたん。

金平糖のような実です。

 

IMG_5182

藤井農園さんの巣箱もアンカーで固定です!
ニホンミツバチもすこぶる元気!^^

 

IMG_5224

紐が黒で見えにくいですが、こちらもしっかりと固定。

 

IMG_5226

せっかくなので、内検を。

 

IMG_5237

ひざこぞう7号。どうです、立派ですよね!(^^)/

 

IMG_5243

すむし発見。

 

IMG_5255

バッグに蝶々^^