日本ミツバチ・巣房

日本ミツバチの巣房

日本ミツバチ・巣房

採蜜した巣は、まだ真新しい巣房もありました。美しいですね!
巣房の奥をよく見て下さい^^

反対側の巣房が透けて見えますが、ちょうど半分ずつ左右上下にずらされています。

構造的に丈夫な六角形のハニカム構造になっていることは良く知られていますが、こんなところにも、巣の強度を高める工夫がされています。

すごすぎ、ミツバチ!(^^)/

 

日本ミツバチ

オオスズメバチが巣の入り口をがりがりかじってます!(≧∇≦)

日本ミツバチ

秋分の日の22日、オオスズメバチが巣箱に来ているとの連絡あり!
こっちもかぁと、翌23日MorningDewFarmさんの学びの畑へ!
オオスズメバチが巣の入り口をがりがりかじってます!(≧∇≦)

 

こちら手乗り日本ミツバチ。たぶん、まだ、巣から飛び立ったこと無いのでしょうね。手からはなれません。かわいい!

さて、結論から・・・。
10匹ほどのオオスズメバチを捉えました。
なんやかんやで、日本ミツバチの採蜜までしました。
美味しかったぁ!!

以下、オオスズメバチの写真があります。苦手な人はスルーしてください。

 

オオスズメバチ

到着までに、数匹退治していただきましたが、それでもまだうろうろ。

さっそく、ねずみ取り粘着シートでオオスズメバチを貼り付け、巣の日よけに設置。
苦しんでいるオオスズメバチを助けに、次々とオオスズメバチがひっつきに来ます。可哀想ですが、仕方が無いです。日本ミツバチのため・・・(≧∇≦)

これから11月末まで、どれくらいやってくるのでしょうか。

 

日本ミツバチ・内検

内検しました。
幸い、オオスズメバチは巣の中まではまだ侵入していませんでした。
日本ミツバチの被害はありません。それより、巣が大きく育っています!
採蜜です!^^

 

日本ミツバチ・採蜜

道具をもって来なかったので、自然農らしく、鋸鎌で、蓋を外します。

 

日本ミツバチ・採蜜

学びの日。
プロのカメラマンさんも参加されてました。
日本の養蜂に興味津々!

 

日本ミツバチ・採蜜

思わずピイース。

 

日本ミツバチ・採蜜

巣門に、オオスズメバチよけの網を付けました。

 

オオスズメバチ

いつもなら、巣を掃除するようにたくさん出入りするのですが、この日、一匹を除く日本ミツバチの出入りがありません。
代わりに、オオスズメバチが蜜がたれたところへやって来ました(≧∇≦)

 

日本ミツバチ・採蜜

タイミング良く、パンを焼いて下さっていました(o^^o)
日本ミツバチにとっては、オオスズメバチは巣をがりがりかじるは人間は蜜をとるはで、最悪な日だった思いますが・・・。

 

日本ミツバチ・採蜜

ハチミツの向こうには笑顔、笑顔!^^

山茶花

彼岸花は、まだつぼみ。

 

福岡・日本ミツバチ・継ぎ箱

孫分蜂しないように、5段目の継ぎ箱。重すぎて3人がかりです。

福岡・屋台

福岡・博多と言えば、屋台。
昼間、屋台は専用の駐車場に泊められ、夕刻になるとそれぞれの場所に出勤していきます(o^^o)

 

福岡・日本ミツバチ・継ぎ箱

昼の1時過ぎに決まって時騒ぎがあります。

→時騒ぎのビデオ

 

福岡・日本ミツバチ・継ぎ箱

孫分蜂しないように、5段目の継ぎ箱。
重すぎて3人がかりです。

 

福岡・日本ミツバチ・継ぎ箱

7月には、4段目まで一杯になっていると思います^^

 

赤目・日本ミツバチ・内検

藤井農園さんの残念な結果(日本ミツバチの巣が消滅の危機)から、心配になり赤目に・・・。

赤目・日本ミツバチ・内検

藤井農園さんの残念な結果(日本ミツバチの巣が消滅の危機)から、心配になり赤目に・・・。

 

内検です。
三段目の巣落ち防止棒まで、わずかですが掛かっています。すいぶん偏りのある巣板ですが、ミツバチの数も多く一安心。
それでも、ちょっと攻撃的なのが心配ですが・・・^^

 

赤目・日本ミツバチ・内検

せっかくなので、あくまでも仮ですが、ひさしを作ってみました。

この日、橿原市あたりが34℃だった奈良。風の森は30℃、ここ赤目の畑は昼から日陰になってしまうおかげで28℃ぐらい。やはり、世間よりは若干涼しいようです。
でも、今年も暑い夏になりそうですから、用心にこしたことはありません!(≧∇≦)

 

赤目・講習・いんげん

赤目自然農塾の講習畑です。いんげんを誘導する支柱が美しい・・・。

 

赤目・講習・苗代

赤目自然農塾は、ちょうど田植えの頃。
苗は一本植えです。

 

赤目・ショウガ

赤目の猪対策で育てることにしたショウガ。見つかりましたA^^;)

 

風の森・田植え

すべてが食されたわけではありませんし、どれくらい最後いただけるか・・・、愉しみにしないと!^^

風の森・田植え

暑い、暑い。6月にして、6月だから、限界を超えました。午前中でも耐えられない(≧∇≦)
残念なのは、藤井農園さんの日本ミツバチが・・・(≧∇≦)

 

良い天気!山登りしたい!天気^^
でも、山に登ったら倒れそう・・・A^^;)
畑主の阪田さんが今年最後の1枚、田植え中。ご苦労様です^^

 

風の森・ショウガ

今年の夏は、畑に何もなかったっけ?
思い出したのがショウガ。
猪対策にメインをショウガにしたのですが、こんな姿に・・・。キジ?

 

風の森・ショウガ

「自然農が教えてくれたこと」でも語られていたように、いろいろな動物たちがいることはあたりまえのこと。

すべてが食されたわけではありませんし、どれくらい最後いただけるか・・・、愉しみにしないと!^^

 

風の森・トマト

今年の夏はトマトだけ・・・になりそう。
不思議と元気な一株。もう実を付けています。
去年から、トマトはすべて煮込み用にしました。

 

風の森・ニンニク

収穫は、ニンニク。
今年は小さい・・・です(≧∇≦)

 

藤井農園・日本ミツバチ・逃去

残念!

藤井農園の日本ミツバチの巣箱を内検しました。
どうもずいぶん前から弱っていたようです。あるいは、女王蜂がいなくなっていた・・・かもしれません。

まだ、日本ミツバチが残っていましたが、一匹も蜜集めの出入りがありません。

 

復活はないとは思いますが、底板をどっぽんタイプに変更しました。

 

morning_dew_farm,日本ミツバチ

分蜂群が入居したビデオが圧巻だったので、継ぎ箱をせねば!と出かけました。

赤目・野アザミ

スムシ対策に巣の台をすっぽんぽんにしました^^

赤目・野アザミ

5月最終日。オオスズメバチはそろそろ働き蜂が活動を開始する頃。
トラップの撤収です。
10cmほど女王蜂やいろんな虫たちが入っていました(≧∇≦)

日本ミツバチは元気です。
残念ながら、今年赤目は一群のみとなりそうです。

一群ですが元気です。
継ぎ箱をし、スムシ対策に巣の台をすっぽんぽんにしました^^

 

赤目は、ノアザミが満開に。春のタンポポの道は、初夏のノアザミに。

 

赤目・ウツギ

ウツギが散りかけ。日本ミツバチは見かけませんでした。

 

赤目・日本ミツバチ・内検

我が巣箱の内検です。
二段目の巣落ち防止棒まで巣が大きくなっていました。さっそく継ぎ箱です^^

 

赤目・日本ミツバチ

この日は、スムシ対策に、巣の台をすっぽんぽんの筒に換えました。
巣板の下は直に土です。巣かすや糞が直接土に落ちて、土の微生物が分解してくれます。

心配は、オオスズメバチ。
土の中に巣を作るので、土の下からミツバチを襲うかも。早い内にネットを張ろうと思います(≧∇≦)

 

赤目・日本ミツバチ

入り口の底板ももちろん外しました^^

 

赤目

こちらは何の花でしょうか。クマンバチがたくさん来ていました。

 

赤目・山椒

この日のもう一つの目的は、実山椒の収穫です^^
いつもより少ない?
そのはずです、今年は花の時期は一匹も日本ミツバチを見かけませんでした(≧∇≦)

 

赤目・茗荷

茗荷がすくすく育っていました。でも、雨後の竹の子ならず、雨後の笹。笹が追い越しそうなので刈り込みました^^