ハチミツは、リゾットやカルパッチョのレモンの代わりに使えるとのことです^^

Annuncio di seminari di miele che facciamo ottobre in Giappone

イタリアのピエモンテ州養蜂家、兼料理人さんによる蜂蜜セミナーでした!^^

ピエモンテは、長靴のようなイタリアの北西、
北はスイス、西はフランスと接したアルプスの裾野に位置します。

標高500mの場所に、100ほどのファミリーを飼っていて、
毎年、アカシア、菩提樹、栗などのハチミツをミツバチからいただいているそう。

ミツバチは、イタリアミツバチだそうで、
女王蜂も、自分たちで増やして、たくさん蜜を集めてくるミツバチの群を作っているそうです。

wiki
Apis mellifera ligustica Spinola, 1806 – イタリアミツバチ。
北アメリカ、南アメリカと南ヨーロッパで最も普及している種。本亜種は世界中の養蜂家によって飼育される。彼らは非常に気性が穏やかで、大量の蜂蜜を集める。彼らには殆ど欠点がない。コロニーは冬期を通してより大きな個体群を維持する傾向があるので、彼らは他の温帯の亜種よりも冬の蓄えが必要である。彼らは明るい色をしているが、若干の種は金色である。

Annuncio di seminari di miele che facciamo ottobre in Giappone

こちらは、地元ピエモンテのチーズと供に、テイスティングさせていただいたハチミツ。

今年は、夏があまりに暑く、採蜜の量はかなり少なかったそうです。

アカシア、菩提樹、栗の他に、百花蜜、そして、甘露蜜(ハニーデュー)。

栗の美味しさが印象的でしたが、
百花蜜の味の複雑さ、醤油のような芳醇な味にびっくりしました。

そして、初めていただいた甘露蜜。

樹液を吸った昆虫が出す甘い蜜をミツバチが集めたもの・・・だそうです。
昆虫は、樹液からタンパク質だけを吸収し、甘い蜜は排出してしまいます。
それをミツバチが巣に持ち帰ります。
ミネラルが多くて、現在、抗酸化作用など注目されているらしいですね(^^)/

Annuncio di seminari di miele che facciamo ottobre in Giappone

ラベルの人が、料理人兼養蜂家のアンジェロさん^^

もちろん、生ハチミツ。
ダニを退治する抗生物質も使っていません。

2年に一度は巣箱を替えたり、
石油(←そんなのが売られているのですね)が混ざっていない自家製の蜜蝋だけで巣礎を作るなど、
清潔に保つことで、健康なハチミツを採蜜されています。

ミツバチを追い出すための燻煙も使っておられないとか。
プロポリスも、ハチミツの負担になるので採取しないそう。
優しく優しく、ミツバチを飼われています(o^^o)

Annuncio di seminari di miele che facciamo ottobre in Giappone

料理人兼、養蜂家のアンジェロさんは右の方。

ハチミツは、リゾットやカルパッチョの酢(レモン)の代わりに使えるとのことです。

つまり、酸度が高いからだそう。
pHの数値は、0から14で、中性は真ん中の7ですが、蜂蜜は平均3.9。
なんと、グレープフルーツ・ジュースと同じくらいの酸度です。

酸が高いと腐りにくいですが、その酸を活かして料理に利用するらしいです(o^^o)

Annuncio di seminari di miele che facciamo ottobre in Giappone