日本ミツバチ・分蜂・キンリョウヘン

そろそろ、分蜂に出会えそう!と9時半ぐらいに到着すれば、すでに羽音が!
いつもの分蜂群が留まる梅の枝にいるものと行ってみれば、巣箱の横のキンリョウヘンに。

日本ミツバチ・分蜂

キンリョウヘンの巣箱に入ってくれるかと、しばらく待ちましたが、その気配がありません。
巣箱が良くないのかと、別な巣箱も据えてみましたが、入居の気配がありません。

一方、他の場所の巣箱には、実は、ひっきりなしに偵察蜂が出入りしています。
そちらに入居してくれるなら、それで十分!
もうしばらく待つことに。

10時過ぎ。
ようやく、分蜂群がキンリョウヘンの周辺を飛び回り始めました。
さて、巣箱に入居!
見守るまもなく、あれ、再び、キンリョウヘンに集まり始めました。

どうしたことでしょう。
とても立派な、そして、花数の多いキンリョウヘンの鉢のおかげで、
キンリョウヘンから立ち去りがたくなったのでしょうか。
白いねばっとしたものもみられます。
まさかの巣作り。

仕方が無いので、強引に巣箱に入居を願いました。

日本ミツバチ・内検

去年入居した巣箱は。
底板を入れずに、すっぽんぽんにしています。
冬からの巣かすは、それほどでも無かったようですが、
土から笹がにょきにょき。
網を張った方が良さそうです。

去年入居した巣箱の内検。

何度か分蜂した様子。
この日の分蜂が、自然巣からか、ここからら・・・。
ちょっとわかりません(^^)/