天気が良ければ、阿蘇五山、九重連山、祖母山が眺められる絶景の中にワイナリーがあります。

久住高原・ルンズ・ファーム

大分は竹田、久住高原の一角、山葡萄のワイナリーをこれから10年かけて作ってくという壮大なプロジェクトを立ち上げた方達に会いに行きました。

 

→童心回帰農場・TAKETA

 

あいにくの霧の中。

天気が良ければ、阿蘇五山、九重連山、祖母山が眺められる絶景の中にワイナリーがあります。

 

久住高原・ルンズ・ファーム ルンズ・ファーム

丘の上には馬頭観音。

一番の絶景ポイントに100年前から祀られているそうです。

 

ルンズ・ファーム・ルンズ・ファーム・ホビットハウス

久住高原にとけ込んで、屋根しか見えませんが、

 

ルンズ・ファーム・ルンズ・ファーム・ホビットハウス

実は、小さな小さなホビットハウスです。

久住高原にぴったり^^

 

ルンズ・ファーム・アキノキリンソウ

アキノキリンソウ

 

ルンズ・ファーム・リンドウ

リンドウ

 

ルンズ・ファーム・永澤徹

土の中の微生物を活性化させた無農薬による山葡萄栽培。
そして、アンフォーラでのワイン醸造・・・。

 

永澤徹氏(ルン爺)の体中から流れ出るようなお話は、愛情と力にあふれていました。

 

ルンズ・ファーム・永澤徹

群馬県赤城山西麓で15000本のぶどうを無農薬で育て、ワインを作り続けたルン爺さんが久住高原にワイナリーを作るきっかけは東日本大震災。
汚染された土壌は、いくら手を入れてもどうにもならなかったそうです。

新境地の熊本・大分で、次なる人生を謳歌されることと思います。
すごいなぁ。
素敵だなぁ。

 

ただただ感嘆していたのですが、アンフォーラの瓶仕込みには蜜蝋が必要とのこと。
そして、できれば、自給したいとのこと。

ひょっとしたら、日本ミツバチの飼育もはじまるかもしれません。

ご協力したいです(^^)/

 

久住ワイナリー

霧にけむる久住ワイナリー。

ルン爺さんの話があまりに面白かったので、つい、山葡萄が入ったワインを購入。

関係無いんですけどA^^;)