ミツバチの日(その1)

京都大学・応用科学研究所

2015年3月8日。ミツバチの日。
この日は、京都のハチミツショップ「オ・ボン・ミエル」さんからお誘いをいただいて京都大学名誉教授・清水勇先生を囲んでの「ミツバチのダンス言語」の会に参加させていただくことに。

その前に、京都市内某研究所に日本ミツバチの巣箱を設置する・・・とのことで、下見にも参加させていただきました。

 

京都大学・応用科学研究所

ここは、最先端の研究が行われている場所ですが、年月を重ねた大きな木が何本もあります。

 

京都大学・応用科学研究所

生命の営みも。

 

京都大学・応用科学研究所京都大学・応用科学研究所

人によりよく手入れされ、季節の草花も植栽されてもいます。

 

京都大学・応用科学研究所

日本ミツバチの巣箱の設置場所は、全員一致で、大きな桜の木の元に決定!

 

京都大学・応用科学研究所

この桜の木は、敷地の真ん中。研究所のシンボルツリー。

ぴったりですね!

 

京都大学・地ビール

お昼ごはんには、地ビールの味見!

 

京都大学・理学部植物園

ワークショップまで少し時間があったので、「植物園」見学。

知らない大木にあふれています。

 

マツ科の「ハクショウ」。

 

京都大学・理学部植物園

クスノキ科の「カゴノキ」。

 

京都大学・理学部植物園

クヌギ。

 

京都大学・理学部植物園

ほんと、大きな木が多いです。

四季を通して、花を楽しめる森。
日本ミツバチもどこかに巣を作っていることでしょう。

 

まだ冬の森から覗く空。春からは空が見えなくなるほど葉が茂るんでしょうね。

 

京都大学・理学部植物園

そして、足下には苔の道・・・。