登山日和!太陽がきらきらです!

蛇谷ガ峰

夜遅くまでの酒宴の朝、ゆっくりと朝食をいただき朽木の蛇谷ガ峰へ。

蛇谷ガ峰は比良連山の北端の山、標高901m。別名小椋栖山(おぐらすやま)。
呑みすぎには堪える階段続きのコースです。

初春には、「においこぶし(タムシバ)」が山を白く彩ります。

 

蛇谷ガ峰

山頂までのラスト20分は、振り返ると偉大なる琵琶湖の大パノラマ。
不思議と疲れが和らぎます。

 

蛇谷ガ峰

12時半、蛇谷ガ峰山頂。
太陽がきらきらです!

 

蛇谷ガ峰

山頂からの琵琶湖。向こうには伊吹山。

 

蛇谷ガ峰

反対側から朽木の町も見下ろせます。

 

蛇谷ガ峰

帰りも同じコース。階段続きのコースが待っています(≧∇≦)
向こうは、マキノビーチ。

 

ヒカゲノカズラ

コース沿いに「ヒカゲノカズラ」。
ちょうど胞子をつけていました。

 

ヒカゲノカズラ

巨大な苔かと思っていたら、シダ植物だそうです。
お正月の飾りなどで使われていますが、別名は「カミダスキ」。古代から新嘗祭などの神事に用いられたそうです。

 

栃の実庵

下りはきつい!(≧∇≦)
若干約一名、足がつりました。

クールダウンたっぷりに、朽木の「栃の実庵」さんで、湧き水のコーヒーと栃大福をいただきました。
湧き水は、自由に汲むことができます。

 

→栃の実庵

 

朽木

黄金色。
あちらこちらで稲刈りが行われていました。

 

朽木

山間の朽木は夕暮れが早いですね。
もうすぐ5時。太陽がそろそろ山に隠れそうです。

 

朽木

稲がすっかり倒れています。
大雨が多かった今年の夏、避難勧告が何度も発令されたそうです。