サフラン放置栽培スタート!

サフラン

今年こそ!の一つ。
毎年、収穫の話題になるころにやっと「あっ忘れてた!」と思い出すサフラン。
今年は、早々と球根を入手しました。

そうです、こちらはサフランの球根です。

パエリアで使うあの黄色の元のサフラン。
大のパエリア好きとしては栽培したかったサフラン。
今年こそ!です。

こんなにたくさん!に思える球根から、何グラムほどのサフランができることでしょう。
香辛料として知るサフランは、クロッカスのような(実際に仲間)花のめしべの部分で、一つの花から3本しかとれません。なんとも貴重。

花が咲くのは、10月下旬ころから。
もともと乾燥地の植物なので、湿度の高い日本では、水も何も与えないで良いそうです。
キッチンの隅や仕事机の上にそのままにしていても、空気中の水分で成長し、ちゃんと咲いてくれるそうです^^

愉しみです!

 

サフラン

どちらから芽が?
まぁ、出てきてたらわかるでしょう^^